レンタカー許可は手軽な上に多くの利用価値が

レンタカー許可はとっても手軽に許可を受けることができます。

数多くあるビジネスにおいては、レンタカーと同様に許可や認可などを受けなれば事業として行うことができないいわゆる許認可事業が数千とあるわけですが、その中でもレンタカー許可は求められる書類などの数も少なく、また、許可を受けるための要件もハードルが高い!といったものも無く、比較的、容易に許可を受けることができます。

一度、許可を受けてしまえば煩わしい更新の許可なども無く、必要な事項に変更が生じた際に届出が必要なこと、毎年の実績報告書面を提出することなど、いくつかの求められた最低限のことをきっちりこなせば、運用も決して難しくはありません。レンタカー許可においては、許可後の届出などについても事後届出で良いものなどもあり、非常に簡略化されている印象があります。

既に自動車を取り扱っている事業の方々にとっては、活用しない手はないって許可ですね。

具体的にはどのような活用が期待できるのでしょうか?

具体例その1・自動車販売業者によるレンタカー許可の活用

まず、挙げられるのが自社在庫のレンタカー化。

仕入れてみたものの、全く売れずに長い期間売れ残ってしまった在庫を抱えている自動車販売店も意外と多いようです。ただ抱えているだけではお金を生まない負の在庫です。こういった処分するにできない車両などをレンタカーとして活用されている自動車販売店も目立ちます。

同様に止む無く下取りとして安価にて買い取った車両も年式が古かったり、走行距離が大きすぎて販売には向かない車両もあるようです。オークションなど流してもいくらにもならないような車両を格安レンタカーなどと謳って、活用されている自動車販売店もいらっしゃいます。

珍しいケースではレアな車両や高級車などを敢えてレンタカー化し、普段はなかなか乗れない車両などをラインナップして貸し出している方もおられます。普段はレンタカーとして貸しておいて、買い手が付いたら「わ」ナンバーを外して売却なんて効率の良いことができれば、常にお金を生んでくれますからね。

多くの車両を抱えている販売店だからこそできる貸し方もあるわけで、既に場所と車両が整っている自動車販売店には持って来いのレンタカー活用方法です。

具体例その2・自動車整備工場によるレンタカー許可の活用

自動車整備工場の場合、何と言っても事故車を修理する際の代車として貸し出す車がお金を生んでくれるようになること。

保険修理となるケースにおいて、保有する車両を「代車」として貸し出すケースは多いのではないでしょうか。

この代車は、あくまでも修理のために車が無くては不便でしょうと、サービスで貸し出すものであって、貸し出すことへの対価を受けた場合には、言うまでも無く歴(れっき)としたレンタカー事業です。

しかし、自動車整備工場が保有する代車を活用し、これへの「謝礼」を支払う方が保険会社が代車として使用するレンタカーを手配する場合よりも安価にて取引ができることが多かったために、「謝礼」というやり取りが横行をしていたようです。

近年においては、コンプライアンスへの意識向上からか、保険会社もレンタカーとして登録されていない代車に対しての謝礼については支払わないとされるケースが圧倒的に増えているようで、今まで謝礼を受けていた自動車整備工場にとっては、経費を払って管理している車をタダで貸さなくてはならない状態となってしまいました。

そこで、しっかりとレンタカー許可を受けて、正々堂々と代車費用を請求するといった整備工場さんが増えているわけです。しかも隠れてコソコソの謝礼ではありませんから、どこかの大手さんに倣って一日数千円の利用料を徴収するなんてこともあるわけです。

具体例その3・ガソリンスタンドによるレンタカー許可の活用

ガソリンスタンドを営まれている会社においては、既に保有している車両をというよりは、新たにレンタカーとして使用する車両を購入し、レンタカー利用者にはガソリン料金を割引きしますよといった相乗効果を期待してレンタカーの導入をされるケースが多いように感じます。

近年ではマイカー離れが非常に進んでおり、これの一員としてガソリン価格の高騰などによるマイカーの維持費用の高額化が挙げれらます。若年層を中心に金銭面負担を嫌って、これ故に車への興味が薄れ、マイカーを所有したいという若者が大幅に減少しているようです。

かといって、車に乗らないかというとそういうわけではありません。勿論、運転免許を持っている若者は沢山います。インターネットで何でもできてしまう現代においては、安く運用ができるレンタカーを活用し、友人とのドライブや旅行は勿論のこと、日々の生活の足としても活用しているのです。

レンタカー料金は自由な設定が可能なため、安く借りられるレンタカーはそれなりに多くなってきましたが、結局のところ、ガソリンについては安い値段で給油できる場所は少なく、それでも満タン返しをしなくてはならないために、レンタカーの利用には消極的なケースもあります。

そこで、レンタカー利用者においては自社運営のガソリンスタンドでの給油による割引制度などを用いることでレンタカーを利用する方も増え、ガソリンスタンド自体も潤います。ガソリンスタンドを運営されている会社がレンタカーを始める際の大きなメリットです。

会社として社用車を保有しないとされる法人も増えていることから、長期の利用が期待できる法人利用なども検討する余地は十分にあると考えると、ガソリンスタンドにてレンタカー許可を受けるメリットは大きいのではないでしょうか。

レンタカー許可取得サポート報酬額
レンタカー許可取得応援サイト!に電話する
レンタカー許可取得応援サイト!にメールする